ビジネスマンは長財布と二つ折り財布どちらが良いですか?

*

ビジネスマンは長財布と二つ折り財布どちらが良いですか?

45014200-03

財布は生活に欠かせないものです。

もちろんビジネスの場でも様々な支払いがありますから、
使うシーンも多くなります。

そうするとどうしても人目に付きやすくなるものです。

相手に見られてもよいものを普段から使っていきたいところですね。

長財布と二つ折り財布

財布の形としては、折り曲げてコンパクトになる二つ折り財布、
札を入れてそのままの形で持ち歩ける長財布があります。

どちらも一長一短があります。

二つ折り財布はコンパクトで良いですが、厚みが出てしまいがちです。
そうなるとポケットに入れにくいということにもなります。

長財布はある程度の大きさがあるので
取り回しにくいということが欠点といえるかもしれません。

ビジネスマンは長財布

ビジネスで使うならば、
どちらかというと長財布を利用するのが良いでしょう。

大きさは出てしまいますが、
お札を曲げずに入れられるというのがポイントです。

ビジネスシーンでは相手とのお金のやり取りもたまにあるものですが、
その時に折り目のついたお札を渡すよりも、ピンと伸びたお札を渡す方が相手に与える印象もよくなるからです。

カードや名刺も入る長財布

また、長財布ならカードや名刺などを入れるスペースもあります。

そういったものを常に備えておくのも
ビジネスマンの心がけとしては大切な点ではないでしょうか。

長財布といっても何でもよいわけではありません。

質の良いものを持つということも
相手への印象を意識するときに大切になります。

長く使ってもそれが味になる、本革の長財布などを選ぶと、
ビジネスの強い味方となってくれることでしょう。